MTG独り語り_Splendid Genesisが欲しい

去年晴れる屋さんに入荷したプロモカード

Splendid Genesis

こちらはMTGの生みの親であるリチャード・ガーフィールド氏の第一子が生まれた記念に作られたカード。
1997年に110枚が友人やWtoC社員に配られたという。

枚数だけならあのBlack Lotusよりも希少です。

◆効果
緑4マナのソーサリー呪文で「 ゲーム中のすべてのカードを切り直し、それらを3つのデッキに分ける。そのゲームを新たなプレイヤーを加えて継続する。 」となっている。
ここで書かれている新たなプレイヤーとは子供を指し、もともとの2人を親に例えている。

カードの効果を自身の人生に置き換えて作られています。とても素敵ですね(*´ω`)

◆イラスト
手と手が繋がれています。
大きいほうが親の手小さいほうが子供の手でしょう。
とても温かみのあるイラストだと思います。

◆フレーバーテキスト
英語
She discovered with great delight that one does not love one’s children because they are one’s children but because of the friendship formed while raising them.
― Gabriel Garcia Marquez
日訳
彼らが自分の子供だから愛するのではない。彼らとの生活によって形作られる親愛の情こそが愛なのだと、彼女は大きな喜びと共に理解したのだった。
― ガブリエル・ガルシア=マルケス

…なんか深みを感じる。彼にとっての”愛”とは何かが綴られています。


◆値段$
晴れる屋さんでの販売価格ズバリ\1,800,000円です。・・・うん?0が多くて良く分かりません。 
一、十、百、千…180万円! ひゃくはちじゅうまんえん!?
ちょうたけえええぇぇのかな?(謎

正直このレベルのカードはもう言い値の世界な気がします。

去年からずっと欲しくて。。。ずっと悩んでいます。
180万円という決して安くはない(むしろ高い)金額。

しかし20年以上MTG専門を扱ってきた晴れる屋さんでもこれで2度目の入荷だそうです。
つまりこの機会を逃したら”もう手に入らないかもしれません”決して大げさに言ってないです。

このままずっと”欲しい”が続いたら・・・買ってしまうかもしれません。

このカードを手にしたら私もいつか愛を理解できる時が来るのかな(/ω\)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です