カードについて 偽造、オリカ、プロキシ等

あくまでも私の認識であり個人の意見です。

偽造カード
・読んで字の如く偽って作られたカードの事。
・偽ることを目的とし作成されており、これを本物のカードとして偽り取引することで一方的に利益を得る。

プロキシ
・代用のカード。
・ルール上で使用可能な「真正のカード」の代わりとして用いられるカードのこと。

オリカ(オリジナルカード)
・製作者の思いのままに作成されたカードの事。
・イラスト、効果、レアリティ等様々。

拡張アート
・オリジナルのカードに自身で書き足したもの。

シャドウBOX
・オリジナルのカードを切り貼りし立体的に奥行きを持たせたもの。


私は偽造カード以外は悪か否かと聞かれたら悪いことでは無いと思っています。
◆理由
個人で楽しんだり、仲間と共有したり、トレーディングカードで遊ぶ幅の範囲であり、
その持ち主のカードの遊び方楽しみ方はそれぞれ自由だと思います。
偽造カードは名が表すように、偽って使用されることを目的として製作されているからです。

◆私が悪だと思う基準は悲しむ人がいるかどうかです。
騙して金銭を得たり、ニセモノだと知らないままトレードしてしまったり、お店が買い取ってしまったり売ってしまったり等。
しかしこれはオリカやプロキシや 拡張アートでも十分に起こりうることだとも思います。

プロキシを作るだけで悪なのでしょうか?販売することは?オリジナルのトークンは?
と考えると私は悪だとは思いません。

結局それぞれに人間の悪意が合わさることで悲しむ人が出てしまう。 と考えます。
私の好きなゲームに「この世に悪があるとすれば、それは人の心だ」というものがありますがまさにその通りだと思っています。
以下は私にはどれも悪いことでは無いと思います。
・自作したトークンが100円で売れた。
・自作したプロキシが500円で売れた。
以下は悪だと考えます。
・買ったトークンを特別なものと偽りトレードした。
・自作したプロキシを本物と偽って販売した。

ここまでいろいろと書きましたが何を言いたいかというと、
・結局のところプロキシやオリカを買わない=原因の対策になっていないと考えてます。
・上記に描いた通り、原因は人の悪意であってプロキシやオリカを作ることではない。


じゃあどおすればいいんだよって言う方もいると思います。
私として完全な回答は用意できていません。
ただ、私がニセモノを手にしてしまっても次に悲しむ人がいないように、ニセモノだと気が付けるようにデータをまとめていこうと考えました。
何より大好きなカードゲームで悲しい思いをする人は居て欲しくない。


私も過去に買ったカードがニセモノで落ち込んだことがあります。
がそのニセモノをどうかしようとは思いません。(今でも所持しております。)
本物だと言って売っていた方には牢獄領域に一生追放されてほしい。。。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です