MTG-PSA鑑定 2020-05 ファイレクシアン・ドレッドノート

judge報酬/DCI
発売日:2010/03/20~21 グランプリ横浜10
・ファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnought
・イラスト:Pete Venters氏

トランプル
ファイレクシアン・ドレッドノートが戦場に出たとき、パワーの合計が12以上になるように好きな数のクリーチャーを生け贄に捧げないかぎり、これを生け贄に捧げる。12/12

このカードはDCI報酬で2010年ですが
ドレッドノート自体は1996年10月07日発売のミラージュにて収録されたカード。

◆カード性能

1マナ12/12にトランプルまでついた低マナ巨大アーティファクトクリーチャー。
戦場に出た時にパワー12以上になるようにクリーチャーを生贄にしないと維持できないのがデメリット。

私が使っていた時はスタイフルノートというデッキで使用していました。
簡単に説明するとこのカードのデメリット効果を自分で無効化して戦場に維持して後は殴る!というデッキです。
当時はもみ消しが3枚しか持ってなかったけど頑張って使ってました(笑)

パンデモノートというデッキもあり出たクリーチャーのパワー分相手に飛ばすというデッキ。
ドレットノートのパワーを相手に2回飛ばせばゲームセット!・・・いや恐ろしい(私はこっちは使ってなかったです。)

◆イラスト

右下にいるには ナイン・タイタンズのテイザーさんらしいですその比較からドレッドノートの大きさがわかりますね。
戦っているのかな?ファイレクシアの第二球層で遭遇したらしいですがその後どうなったのか…

このカードは再録禁止カードなので大切にしていきたいと思います!
Foilノートさんカッコいい(`・ω・´)b

◆鑑定結果

鑑定結果はPSA8です。傷も多少あったので十分な結果です。

ドレッドノート と言うクリーチャータイプはこのカードだけに存在するもので単語自体はMTGに限らず存在して有名なのはイギリスの戦艦ですね。有名な話ですがこの戦艦に由来して”ド級”という言葉が生まれたらしいです。

Wikiに詳しく載っていたので興味のある方は覗いてみてください
http://mtgwiki.com/wiki/

今までのPSA鑑定結果(MTG)

自身で気に入ったカードをPSA鑑定しています。
よければ見てください!

PSA鑑定について

鑑定のやり方などをまとめていますので合わせてどうぞ!
自分でやってみたい方の役に立てば嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です