PSA鑑定を行う目的と狙いについてのまとめ【真偽/価値/保護】

PSAにカード鑑定を依頼するに当たりそもそもなんでそんなことするの?
って友達に言われたため自分なりの考えをまとめてみた。

◆真偽の明確化

これについては貴重なものならば当然ですが。
いくら知識があっても偽造技術も進化していることもあり。 偽造品、フェイク、ニセモノ等のキーワードに悩まされる方もいると思います。

特にフリマアプリやオークションの規模が大きくなるにつれリスクも増えてきます。専門のカードショップでも間違えて買い取ってしまったり等。
大きいお金を出して購入したものがニセモノだった…なんて想像もしたくありません。
※ただし鑑定品の偽物も存在することも認識しておかなければいけません。

◆価値の担保や付加価値を付ける

基本的にトレカならパック開封後すぐに保管してもPSA基準では10のGEMMintがもらえない場合があります。
これは傷だけでなく印刷されている位置(センタリング)なども基準に入っているからです。

つまりPSAで10というのは初期傷もなくど真ん中に印字されカードのエッジなど含め完璧なカードと言えるでしょう。
上記の事からPSA10が付いたカードは通常の1.5~2倍の価格で取引されていることもあり、高得点がつくと一般的に付加価値として評価されるでしょう。

◆保護する

手に入れたものをスリーブに入れてファイリングする。ここまではやったことのある方は多いのではないでしょうか?
ただ、カードも紙に印刷されたもの環境による劣化は多少起こります。
要素は色々あり、日焼けだったり、湿気だったり、Foilなら反ってしまったり等々

鑑定してもらったカードは専用のケースに入れて貰え完全に密封されることから上記のような環境の心配はほぼなくなると言えるでしょう。
ケース自体もUVカットの加工が施されているため保管するにはかなり適しています

実際に鑑定したものが以下の写真になります。

まとめ

あくまでも私の意見ですがやはり真相鑑定を行っているサービスは少なく、特に最近はフェイク品が多いことからも今後もお世話になると思います。
あとは好きなコレクションが高グレードに評価されるのは嬉しいですね♪

PSA鑑定TOPに戻る

PSAさんの日本向けサイト

Follow me!

PSA鑑定を行う目的と狙いについてのまとめ【真偽/価値/保護】” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です