MTG-PSA鑑定 2021-03 戦慄衆の将軍、リリアナ 天野先生【PrereleaseVer】

灯争大戦の主役とも言えるプレインズウォーカー!
一つの大きな物語の終幕ともいえるこのエキスパンションは36人のPWが登場しました。
そして36種類すべてに日本語限定のイラスト違いが存在します。

灯争大戦/War of the Spark【WAR】
発売日: 2019年4月27~28 プレリリース
・戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General
・イラスト: 天野喜孝 氏

あなたがコントロールしているクリーチャーが1体死亡するたび、カードを1枚引く。
[+1]:黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
[-4]:各プレイヤーはそれぞれクリーチャー2体を生け贄に捧げる。
[-9]:各対戦相手はそれぞれ、パーマネント・タイプ1つにつき、そのタイプであり自分がコントロールしているパーマネント1つを選び、残りを生け贄に捧げる。

◆カードの性能
  • 6マナのPWで常在能力で自身のクリーチャーが死亡すると1枚カードが引ける。
  • +1でゾンビ生成ができ初期忠誠度が6のためやられにくい。常在能力もあるため制圧力がある。
  • -4で2体の生贄を要求できる。着地時に使用できて2体除去できるのは盤面が押されていても出しやすい。自身のクリーチャーがいても常在で引けるため腐りにくい。
  • -9奥義は相手のパーマネントを殆ど生贄にさせる。
◆イラスト
  • イラストについてはかなり話題になりました。
    冒頭にあるように日本語限定のイラストが存在することと神話レアであることからかなり出にくいです。
    プレイリースはFoilがでますがそれでも神話レアでありイラストも限定Verが出るか分からないため現在では30万以上の価格になっています Σ(・ω・ノ)ノ!
  • リリアナと言うキャラとしての人気、さらには限定Verはファイナルファンタジーで有名な天野喜孝先生のイラストですからMTGを知らない人にも需要があることが考えられます。
  • 純粋にカッコいいですしPWとしてもそこそこ強くリリアナとしての人気も合わさり2019年のマジック界において最も話題となったカードだと思います。
◆鑑定結果

鑑定結果はPSA9です。
10取れれば嬉しかったですがもともとセンタリングが怪しいのは分かっていたため妥当だと思います。
それでもプレリ版+鑑定済みの天野リリアナは現在16枚しか存在しません。
通常Verよりも希少だと言えるでしょう!!(ポジティブ)

◆おまけ

折角なので手持ちの通常版と並べて記念撮影しました!
通常VerのPSA10をゲットしたのも1年以上前になるのか~

コロナでPSA鑑定が停止していなかったらレギュラーで依頼できたんですが、気が付いたらプレミアムでは無いと鑑定できないところまで値上がってしまうとは恐ろしいですね💦

今後もマジックを引っ張っていってくれるカードだと思います。

灯争大戦のホームページはこちら

今までのPSA鑑定結果(MTG)

自身で気に入ったカードをPSA鑑定しています。
よければ見てください!

PSA鑑定について

鑑定のやり方などをまとめていますので合わせてどうぞ!
自分でやってみたい方の役に立てば嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です