MTGArena-2020-05 イゼット果敢ビートダウン【動画あり】

以前使っていたイゼット果敢ですがストリクスヘイブンで登場したカードを使用してみたく更新しました。
それは”表現の反復”です。

このカードを説明すると、2マナのソーサリーでデッキトップを3枚見てそれぞれ選びます。
手札、追放、デッキ一番下を選択し追放したカードはターン内に唱えられるというカード。

つまり、私の前回のコンセプトであった”真実の視認”がより生かせそうです!!
以下がコンセプトです。

コンセプト

  • より真実の視認の3枚手札補充を生かす。
  • リソース切れを克服しミッドレンジで戦っても勝てるデッキにする。
    基本的にアグロ寄りなので除去多いデッキは苦手でした><

◆使用感

①表現の反復
 良いですね!3枚から2枚選べるので土地+@を選べるケースが多く2マナでここまで安定させるのはかなり強いと思いました。
 
②高尚な否定の構えが強い
 媒介者がいるため渋っていましたが4枚に増やして正解でした。
  デッキに2~3枚身に行けるカードが多いので手札のカウンターと火力のバランスがかなり取りやすくなったと思います。

◆調整案

①表現の反復の枚数
 現在は3枚で運用していますが有って困るカードではないため4枚に増やそうかと思ています

②占術土地
 デッキ的に初動以外は不便な場面が多く今のところ2枚ですが無しの構築も検討中です。
 反復に視認と媒介者のどれかがあれば無理やり取りに行ける場合が多い為。

◆対戦動画

一試合目:セレズニアカウンター(00:00~03:11)
 ちょっと相手が事故ってた感じもありましたね。白なので追放と全除去が怖かったです。

二試合目:4cランプ (03:11~05:05)
 このデッキはスプライトと嵐翼で攻めることが多いですが相手が低速っぽかったので思い切って借り手で殴っていきました。借り手も飛行持ちなので高尚な否定を構えておけば確実に3点クロック入れていけるので思い切ったプレイングが出来たと思います。

三試合目:ヨーリオン(5:05~09:23)
 苦手な相手ですが先手とちゃんとカウンターもあって捌ききれました!
 高尚な否定増やしてよかったです。

四試合目:氷雪グルール(9:23~Last)
 氷雪で除去も多く苦戦>< 終盤でクローティス唱えられたときは積んだと思いました(笑)
  相手の媒介者を利用できたのとピンで入れた”ヴァラクート”の覚醒が活躍してくれてよかったです!!

以下見れない方は↓の直リンクより
https://youtu.be/F9QiuQt6UFM

まとめ

かなり理想のデッキになりました!!
スタン落ちるまではこのまま使い続けたいと思います。
スタン環境で2マナで3枚ドローは成功すると気持ちいいですね(*´ω`)

MTGArena関係

アリーナで気になったデッキに手を出しています!基本的に上位メタではなくマイナーなデッキが好きです!

レシピ

デッキ
4 嵐翼の精体 (M21) 73
5 山 (ANB) 114
4 選択 (ELD) 59
1 棘平原の危険 (ZNR) 166
1 初子さらい (ELD) 118
5 島 (ANB) 113
1 憤激解放 (M21) 170
2 厚かましい借り手 (ELD) 39
3 スプライトのドラゴン (IKO) 211
4 寓話の小道 (M21) 246
1 リムロックの騎士 (ELD) 137
4 河川滑りの小道 (ZNR) 264
4 マグマの媒介者 (ZNR) 148
4 真実の視認 (M21) 69
3 表現の反復 (STX) 186
1 王家の跡継ぎ (ELD) 199
4 高尚な否定 (M21) 56
1 ジュワー島の撹乱 (ZNR) 64
2 天啓の神殿 (M20) 253
1 一枚岩の防衛 (ZNR) 52
2 焦熱の竜火 (ELD) 139
1 ヴァラクートの覚醒 (ZNR) 174
2 火の予言 (IKO) 116

サイドボード
4 軽蔑的な一撃 (KHM) 54
3 才能の試験 (STX) 59
1 才能の試験 (STX) 59
2 突破 (M21) 140
2 弱者粉砕 (KHM) 128

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です