BGS鑑定 Beckett Grading Service 結果確認の方法【鑑定分布】

ここではBGSの鑑定結果の主に鑑定分布の確認方法を紹介していきます。
基本的にPC画面で解説していきます。

  • アカウントさえ作ればサービスを利用したことなくても確認できます。
    作成は無料で出来るので各自やってみましょう。
  • BGSは鑑定結果が反映されていないカードがあります。
    少しマイナーなカード等調べてカード名すら出てこないものがあるという事を理解しておきましょう。
    ※これについては後半に記述します。
Beckettのサイトにアクセス!

まずはベケットのホームページにアクセスしましょう。
↓リンク張っておきますね
https://www.beckett.com/

ログインします!

右上のLOGINから自身のアカウントでログインに進みます。

次の画面でメールアドレスとパスワードを入力しログインします。
・アカウントを持っていない方はSign UP Now!(赤〇の部分)から新規アカウントを作成しましょう。

グレーディング結果検索ページへ移動しよう!
  • ログイン出来たらメニューを開きます。
  • GRADINGを選択します。
  • Population Reportに進みます。
鑑定分布を検索してみよう

ページが切り替わって以下のような検索画面から検索できます。

検索するに当たりそれぞれにカード種類やキーワードを入力します。
入力内容は以下を参考にしてください。
※全部の項目を何かしら入力しないと検索できないので注意です。

  • Select Sport:カードゲームの種類を選択します。
    例)YuGiho ⇒ 遊戯王 Pokémon ⇒ ポケモン Magic the gathering⇒マジック
  • Set Name:収録されたセット名です。
    分からない場合は発売年だけ入力でもOKです。
    カード名だけで調べたいときは半角スペース1つだけ入力してみるといいかもしれません。
  • Player Name:カード名を英語で入力します。
    ヒント:遊戯王Wiki や MTGWiki を使うと英語名称がコピペ出来て便利です!

以下が遊戯王の青眼の白龍をカード名だけで検索した結果です。
※Set Nameには半角スペースを入れてます。

検索時に入力したワードがどこを参照しているかの参考にしてください。

検索結果に無いカードについて

冒頭にも記載しましたがBGSは鑑定結果が一覧データに反映されない場合があります。
正直どういった基準でそうなるのかは不明です。
・PSA鑑定でよく「世界に〇枚」みたいな表記がありますがBGSはそういった部分が不透明だからか見かけませんね。
 私も好きなマドルチェカードを調べましたが全然ヒットしませんでした(^^;)

しかしグレーディングポイントの点数結果が細かく表示されるのはBGSのいいことです。
BlackラベルはカッコいいですしPSAと使い分けていきたいと思います!

BGS鑑定まとめTOPに戻る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です